top of page
コラムページアイコン.jpg
​情報紙 SECOND

SECOND Column Page

vol.4
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い③

 弟が所属するビッグバンドはカウント・ベイシーのナンバーを得意としていました。ビッグバンドが奏でるジャズの「生音」に感動してからというもの、大学祭やヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテストのステージを聴きにいくようになりました。

 特に、ジャズドラムの音色・ダイナミックさ・バンドをリードしていく姿が印象に残り、ドラムに強い興味を持つようになりました。

 そしてもう一つ、弟が私にもたらしてくれたものがありました。

今月の一枚

レッド・ガーランドトリオ

『Red Garland At The Prelude』

Prestige 7170(1959年)

これぞジャズクラブの生演奏!といえる大名盤。リラックスした雰囲気の中で、ピアノトリオが心地よくスウィングします。
BLACK WAVE12月号.JPG

KURO's Time

vol.3
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い②

 父からプレゼントしてもらった真新しいテナーサックスでジャズを始めた弟。大学のビッグバンドには大学1・2年生で構成されるジュニアバンドと看板バンドであるレギュラーバンドがあります。大学3年生になった時に、レギュラーバンドのメンバーにならないとその時点でキックアウトとなる厳しい世界です。

 ジャズというよりも音楽そのものの初心者である弟は、先輩や仲間たちの演奏についていこうと大学の授業やアルバイトの合間を縫って必死にサックスの練習を重ねたようです。弟は幸いにも仲間に恵まれて穏やかな人間性も相まってレギュラーメンバーとなり、4年生の時にはマネージャーになりました。

今月の一枚

カウント・ベイシー楽団

『Basie In London』

Verve Records(1957年)

ロンドン公演の成功を記念して録音された本盤は、ビッグバンド・ジャズを代表する名盤であり迫力も満点!
BLACK WAVE11-12月号.jpg

KURO's Time

vol.2
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い①

 エレキギターを弾くことが好きだった父の影響もあり、家ではさまざまな音楽が流れていました。私は幼いころからThe Beatles、加山雄三、ベンチャーズなどの楽曲を聴いて育ちました。私は4人兄妹の長男ですが、4人とも小中高時代はスポーツに打ち込みなかなか音楽に取り組むことはありませんでした。ところが中高時代はラグビー部主将だった3つ下の弟が、大学入学後にひょんなことからジャズのビッグバンドに入ることになりました。弟が音楽を始めたことを一番喜んだのは父でした。テナーサックスの音を出すこともまだ十分できない弟に、父が渋谷の道玄坂にあったヤマハ楽器店でサックスをプレゼントした光景を今でも鮮明に覚えています。

今月の一枚

ナット・キング・コールトリオ

『After Midnight』

Capitol Records(1956年)

美空ひばりさんが敬愛したというナッキンコール。そのコール本人がピアノを弾く当盤は当店でよくリクエストされます。
ブラックウェーブ10月.jpg

KURO's Time

vol.2
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い①

 エレキギターを弾くことが好きだった父の影響もあり、家ではさまざまな音楽が流れていました。私は幼いころからThe Beatles、加山雄三、ベンチャーズなどの楽曲を聴いて育ちました。私は4人兄妹の長男ですが、4人とも小中高時代はスポーツに打ち込みなかなか音楽に取り組むことはありませんでした。ところが中高時代はラグビー部主将だった3つ下の弟が、大学入学後にひょんなことからジャズのビッグバンドに入ることになりました。弟が音楽を始めたことを一番喜んだのは父でした。テナーサックスの音を出すこともまだ十分できない弟に、父が渋谷の道玄坂にあったヤマハ楽器店でサックスをプレゼントした光景を今でも鮮明に覚えています。

今月の一枚

ナット・キング・コールトリオ

『After Midnight』

Capitol Records(1956年)

美空ひばりさんが敬愛したというナッキンコール。そのコール本人がピアノを弾く当盤は当店でよくリクエストされます。
ブラックウェーブ10月.jpg

KURO's Time

vol.6
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

コーヒーとジャズ②

 これまた弟の影響で大好きになったコーヒー。それまであまりコーヒーを飲んだことがなかった私ですが、美味しいコーヒーを楽しむことができて心地よい音楽のある空間が好きになりました。

 当時、アメリカはシアトルから世界に進出したスターバックスコーヒーが、社会人や学生に人気がありました。私も友人たちとよくスタバにいったものです。

 大学のゼミ(経営学)ではスタバを分析して、「みそ汁バー」のビジネスプランをつくったこともあります(伊藤良二著『成功するビジネスプラン』日経文庫に収録)。

 このようにコーヒーやカフェ文化に触れ、自ら調べることで、ますますコーヒーに魅力を感じるようになりました。

今月の一枚

ペギー・リー

『Black Coffee With Peggy Lee』

DECCA(1953年)

女心を歌った名曲「Black Coffee」は、もともと1948年にサラ・ヴォーンのために書かれた曲。本盤は日本でも大ヒットしたペギー・リーによるDECCA盤。70年以上前に録音され、今なお色褪せない大名盤をぜひ!
BLACK WAVE2月号.jpg

KURO's Time

vol.5
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

コーヒーとジャズ①

 私はジャズのレコードを聴きながらの美味しいブラックコーヒーが大好きです。コーヒーとの出会いはまたしても3つ下の弟がきっかけでした。弟は大学に入ると経営学部で学びながらジャズのビッグバンドに所属。アルバイト先を探していたところスターバックスコーヒーが気になり、アルバイトをしたいとなんと本社に電話をかけたそうです。本社での面接後に配属されたのは、スターバックス日本1号店の銀座松屋通り店で、2階建てのなんとも魅力的な店舗です。

 それまで我が家の朝はテレビのNHK「おはよう日本」とあたたかい日本茶という組み合わせでしたが、コーヒーの薫りが漂いつつジャズが流れる朝へという欧米化を体感しました。それから20年。コーヒーの魅力にはまり、いつかはジャズ喫茶をやりたいと思うようになりました。

今月の一枚

齋藤京子トリオ

『I Feel the Wind』

Prestige 7170(1959年)

コロナ禍に久留米で録音された自然の雄大さや美しさを感じることのできるタイトル曲「I Feel the Wind」や、ビートルズの曲をジャズアレンジした秀作などが収められている。録音が行われた久留米・文化街の名店「Vino & Dig」等で入手が可能。
ブラックウェーブ1月.jpg

KURO's Time

vol.4
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い③

 弟が所属するビッグバンドはカウント・ベイシーのナンバーを得意としていました。ビッグバンドが奏でるジャズの「生音」に感動してからというもの、大学祭やヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテストのステージを聴きにいくようになりました。

 特に、ジャズドラムの音色・ダイナミックさ・バンドをリードしていく姿が印象に残り、ドラムに強い興味を持つようになりました。

 そしてもう一つ、弟が私にもたらしてくれたものがありました。

今月の一枚

レッド・ガーランドトリオ

『Red Garland At The Prelude』

Prestige 7170(1959年)

これぞジャズクラブの生演奏!といえる大名盤。リラックスした雰囲気の中で、ピアノトリオが心地よくスウィングします。
BLACK WAVE12月号.JPG

KURO's Time

vol.3
BLACK WAVE 店主 黒岩 公輔

ジャズとの出会い②

 父からプレゼントしてもらった真新しいテナーサックスでジャズを始めた弟。大学のビッグバンドには大学1・2年生で構成されるジュニアバンドと看板バンドであるレギュラーバンドがあります。大学3年生になった時に、レギュラーバンドのメンバーにならないとその時点でキックアウトとなる厳しい世界です。

 ジャズというよりも音楽そのものの初心者である弟は、先輩や仲間たちの演奏についていこうと大学の授業やアルバイトの合間を縫って必死にサックスの練習を重ねたようです。弟は幸いにも仲間に恵まれて穏やかな人間性も相まってレギュラーメンバーとなり、4年生の時にはマネージャーになりました。

今月の一枚

カウント・ベイシー楽団

『Basie In London』

Verve Records(1957年)

ロンドン公演の成功を記念して録音された本盤は、ビッグバンド・ジャズを代表する名盤であり迫力も満点!
BLACK WAVE11-12月号.jpg
bottom of page